登山学校実技 前尾根(5月29日)

画像
5月29日3回目の前尾根の登山学校

曇り昼前から晴れ
P7
今日も自分のザイルを担いで登るようにと言われる
取り付きに着くと見慣れないパーティがもたついて渋滞発生
あとから話を聞くと大阪から来ているらしい
下から見ているとえらくザイル裁きがもたついている(絡まっているし…)
30分ほど待ってやっと順番が回ってくる。
取り付きのクラック、やっぱり重い 前回着ていた雨具が今回は背負っているので前回よりも重い
二回目とあるので精神的に少しは楽かな・・・
「おもいなぁ~」と思わず弱音を吐いてしまう
仲間の声援をバックにしっかりクラックにジャミング効かして一気に腕力で上がる
歯を食いしばった顔は後ろの皆様に見せれたものではありません。
立て続けに後半の核心部、両手を左にホールドしながら右足をあげる
前回はなかなか上がらなかった右足が今日は無理矢理勢いであげる
前が詰まっていたので堰を切ったように登り詰めて終了
P6
今日はチムニーを選択
久しぶりとあってガツガツ登りあげる
体の部位を多く使う登りがお好きなようです。>自分
P5
手をなるべく使わないで登ってみようとアドバイスを受け、両手を挙げて登ろうとすると、そういう意味じゃないと注意を受ける もっと考えろよ>自分
足をしっかり置いて体重移動する
P4
今日はノーマルルート
1ピッチが長いのでザイルをめいいっぱいのばして、関西パーティをぬかす
目の前を関西パーティが登っていたので登るところは間違えなかった
あーよかった。
P3
最後の核心部 チムニー・クラック1・2のうち、今回は右端のクラック2を登る
ジャミングを効かしてレイバックぎみに登り上げる
前が詰まっていないので気持ちよく登れた
P2
取り付きに着いた時もう午後かなと思ったらまだ昼前だった。
セルフをとったら即効で荷物を降ろした。おろさないでもたもたしていると「担いで登れ」と言われそうなので…それだけは勘弁だ。
空身とあって身体が軽い軽い 先ずは取り付きのクラックをちょっと冒険してレイバックで登ってみる。イメージどおりにいけました。 核心部のチョックストーン迄は勢いで上り詰める。
チョックストーンを右にかわそうかと思ったが今回もチョックストーンを抱えてひょいと上がる。
やっぱり空身で上るのは気持ちよい。
ヤグラの上に着いた頃には陽が指してきて眺めが気持ちいい。
足元にP3 P4 P5 ・・・と続く 各ポイントを仲間が登って様子が見える。

今日はP1を回って藤内小屋に降りてきました。小屋着1420
P1からの眺めがまた最高でした。(写真)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック