薬師岳春山合宿 総括

5/3-5/5 と所属する山岳会の春山合宿に行ってきた。

5/3一日目
場所は北アルプス薬師岳。 去年の7月に立山室堂から南下縦走してきたが、今回は飛越トンネルから神岡新道を経て、北ノ俣岳ふもとの避難小屋近くでベースキャンプを張り、そこから薬師岳を一日でピストン。 標高差やアップダウンの度合を見てチョット歩き応えあるかなぁと思っていたら、実際はとんでもなくしんどかった!!

今年は雪が多いため登山口に車を乗り入れることが出来ず、登山口から6.8km手前で車をとめて、登山口までまず6.8kmの林道歩き! 例えでいうと、上高地のBTから明神、徳沢を越えて新村橋のちょい手前くらいの距離で、しかも緩やかながらも傾斜があります。

共同装備はテント本体(モンベル ステラリッジ6)を担当。何も考えずにパッキングしたかったので、120Lのザックで出陣。家での軽量は20kgほど。これにブラックダイヤモンドのテレボブキャットシャベル1kgが追加される。 ま、よゆうだなっとタカをくくっていたら、出発前の共同食分担で、山スキーの一人の方がザックが小さくて食料が入らないと言われる。と言うことでその人の担当の分の食料も担ぐ。おまけに500mlの麦ジュース付。(ついたらもらっていいんですよね)

さらに、林道歩きを終え、アップダウンの激しい神岡新道に入って中盤に、もう一人の山スキーの方がかなりバテ気味でその人の分の荷物も一部背負うことに!!コッヘルと麦ジュース500ml2本!! (全部で3本1.5L?そんなに呑めないよ~)

会で一二を争う健脚の方もバテ気味。カジタニも昨年の尾白川・黄蓮谷遡行の最後のヤブ漕ぎ以来の辛さにヒーヒー言う。 こういうのを求めていたと言うのもあるけど・・・

やっと濃さの思いで予定の幕営ポイントより800m手前で幕営。800mくらいなら1時間ほど早く行動開始すれば充分に取り戻せる。


5/4二日目

北ノ俣岳のすぐ降りたところから薬師岳を臨む。
ヒローイ尾根が広がっています。
画像


槍もくっきりです。
画像


雲の平の庭園は光ってます。
画像


コンデンスミルクをつけて食べる自然のカキ氷はうまぁっ!!
画像


やっと薬師岳山頂に着いた!!(実はもうくたくたです)
画像


針ノ木、鹿島槍、五竜と後立山連峰もばっちり。
画像


三日目 5/5
きた道を下って、6.8kmの林道を歩いて終了。

今回の山行で歩荷力が上がった、かな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

aki
2006年05月11日 07:30
すっすげっ‥そんな荷を持ったら、林道だけで終わってしまいます。
ニシ
2006年05月12日 01:14
おつかれさまでした~。
行程も長く、かなりきつかったのですね。入れると思っていた登山口に入れない=林道歩きがあると、けっこうへこみますねえ。。
しかし、、ばてたりザックに入り切らない人の荷物も担ぐとは、さすがカジタニさま。写真を拝見するに、もしかして独りだけすっごく若かったの??
カジタニ
2006年05月12日 03:03
>akiさん
もともと山ヤなもので、歩荷力と持久力はあるみたいです。正月に新穂高-槍平を30kg担ぎました。だらだらの傾斜でしたから楽でしたけど。

>ニシさん
ラッセルは無かったのでまだ良かったですよ。
そのもしかしてすっごく若いです。自分以外みんな50代!自分の親父やお袋と登っているような感じです。(汗)
2006年05月13日 00:52
mixiシゲさんの日記から流れてきました。
いやぁ、この時期の薬師岳界隈サイコーですね。
穂高周辺と違い、その大きくゆったり姿が魅力的です。
いやぁ、いいものを見させていただきました。
来年のGWは、そちらの方に行こうかな。
カジタニ
2006年05月13日 12:26
>権蔵さん
どもども いらっしゃいませ
駐車していた車の台数の割には遭遇する人の数が少なかったです。それだけキャパシティが大きいと思います。圧倒的に山スキーヤー&バックカントリーヤーが多かったですけど・・・

この記事へのトラックバック