鳳来 鬼岩へ入門

今年初めての鳳来。
今回は鳳来の鬼岩(おにし)に行って来ました。

登山学校の先輩のSUGAさん、SUGAさんと同じAクラブのJBさんとカジタニの三人。
鬼岩は初めてです。

アプローチがガンコ岩の約2倍の1時間。
にもかかわらず結構人気があるようです。
傾斜はガンコと比べるときついです。いきなり最初から被っています。
だからヌンチャクの回収はちょっと大変でした。

今日はいまいちの天気だったが、鬼岩は被っているので多少の雨でも問題ない。
シーズン直前と言うことで、人はまばらだった。

「あんこ」(5.10b)でアップ。
SUGAさんがマスターで上がり、次にカジタニ。
いきなり一本目なので体が硬く、動きが悪く途中でワンテン。
ホールドやスタンスの勝手はガンコで慣れているので、あとは傾斜に慣れるだけか、と。
先週の日曜日以来、ジムに行けなかったのでちょっと不安だけど・・・
画像

「あんこ」に取り付くJBさん。

SUGAさんの今日の課題は「FIRST」(5.12a)。昨シーズンからの持越しです。
地ジャンからのスタートで、どっかぶりを登っていき、最後の最後でレッド。

「あんこ」に一生懸命になるつもりはないので、さっさと
「鬼岩入門」(5.11a)に取り付く。
まずは一便目、ヌンチャクをかけに行く。
この日二本目とあって、「あんこ」の時より気分的に楽。
4ピンまですんなり登り、あと2ピンのところでテンション。
終了点間際でまたテンション。2テンで抜ける。
終了点付近はガバが少なく、傾斜が全然落ちていない。最後まで気が抜けないな、と。
核心らしい核心は特になく、全体的に同じ強度が最後まで続くと言う感じ。
「コイツは行ける」と思う。

2撃を狙って、二便目。
やっぱり4ピン目でテンション・・・ orz
序盤で腕の力に頼りきるムーブが響いたようです。

三便目。
序盤をリラックスして通過。
途中レスト中につるっと滑って冷や汗をかく。(汗)
問題の4ピン目を通過。
終了点付近のリップを取るところで何度か行ったり来たりする。
渾身の力を振り絞ってなんとかリップをパン!と取る。
終了点にロープをかけ、一応マントルを返して完了。

去年11月の芹谷以来の外岩5.11a(ラバンバ)のRP。
しかしその時は核心ムーブを教えてもらい、さんざん人が登るのを見まくって、5トライでRP。
今回は人の登りはほとんど見ず、ムーブも教えてもらわなかったので、少しは進歩したかな。
自分でヌンチャクかけに行きましたし。

でも腕の力に頼り切っていて、腕をひきつけていた。
ムーブが正対気味なので足裁きを練習しなくては・・・

ついでにハイカラ岩もすぐ近くにあるので、見てきました。見るだけです。
画像

フクベのミニハイカラをでっかくした感じです。
「ガンジャ」(5.13d)に取り付いている人がいました。

クールダウンと称して、「あんこ」を最後にやる。
意外にも体がよれていて、A0した挙句に激落ちしました。

帰りの車中、SUGAさんと登攀談義。
残置支点についてはこうだと言い放つ前にもっと議論が必要ですね、とかまぁいろいろ話しました。

今度の鬼岩は・・・ 「鬼のウォームアップ」かな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

mwyama
2007年04月26日 01:37
寒くなかったですか。
私のブログも参考にしてください。

この記事へのトラックバック