小川山 クラックデビュー 一日目

AクラブのSUGAさんと、JBさんで小川山に行く。
今回の目的はクラックの初リードに挑戦。

金曜日2210に名古屋発。
0130小淵沢ICで降りて、美しの森の駐車場にて幕営&仮眠。

土曜日0700ぐらいにてきとーに起きて、美しの森を出発
たぶん0800ぐらいに小川山入り

画像
屋根岩の岩峰を眺めているだけで、もう大方の仕事を終えてしまった気分になります。

カジタニのおニューのテントを幕営して
画像

妹岩&マラ岩へ

マラ岩
・ホリデー 5.9+
NPのルートだが、先に登ったSUGAさんのセットしたカムを残してもらう。族に言うピンクポイント?
軽く2-3m登ってから、浅ーいクラック?にフットジャムを微妙に利かせて、そろりそろりと体を伸ばしてやっと1ピン目のクリップ。 しかもそのピンはRCCボルト。激落ち厳禁。
そういう意味では今時のルートではないなぁと。ボルト打ち足したら、ウンコでしょう
1ピン目のクリップの跡、体を外に出して微妙なムーブをこなす。 これまた嫌な感じ。
フレークを取ってしまえば、ほとんど終わったも同然。息を整えて、一気にレイバックで突き進んで終了点。 なかなか刺激的なルートでした。

・JECCルート 5.10d
スラブのスタンダードらしい。A0祭り?でコメント無し。

妹岩
・龍の子太郎 5.9
クラック
今回のお目当て。リードで挑戦です。
画像
右がカサブランカ 5.10a
オブザベを済まし、SUGAさんやJBさんに使用カムの確認。キャメロットの#4を借りようかと思ったけど、#1-5の1セットを持っていく。
序盤のクラックは快適にハンドが利く。 核心直下に#5をセット。引っかかってちょっとあせったけど。
後は思い切ってレイバック。 ムーブ的にはここのワンムーブだけ。
あっという間に終了。 あっけなかった感じ。OS一撃

・愛情物語 5.8
NPのルート。
画像
左上するクラック沿いに登る。クラックはちょっと浅めで、しかも底がぼこぼこしているのでカムのセットは簡単ではない。
途中何度もセットをしなおしたりしたところもあった。
そういうわけで、過去に落ちてカムのセットがまずいために、カムがはじけて命を落とした人がいるいわく付のルートらしい。 霊感が無いので霊は見えなかったけど・・・
ムーブ自体は龍の子太郎程は無いが、龍の子太郎より長く、プロテクションがやさしくないので、こちらのほうが登り応えがあった。
OS一撃

・ジャックと豆の木 5.10b/c
JBさんが登るというので、SUGAさんがトップロープをかけに登る。
そのついでにカジタニもトップロープで登らせてもらう。
画像

序盤はオフ・ウィドウスとの切り替えがポイント。
クラックは深いが、身体の正面に対して斜めに切り込んでいる為、ジャムの切り替えが難しかった。序盤の核心ではがされて3回くらいジャムが外れて振られて落ちる。
終盤はフィンガーになるが、ちょっと幅が広く、スタンスも出てくるので適当に指を突っ込んでごまかす?ことができる。ここはあっさり通過。  5.10のど真ん中を体感。

午前中は風があり、とても快適。 人気ルートは大体常に3人くらいの順番待ち。
どういうわけか、カサブランカにはトップロープが2本かかっていたりした。
14時くらいに通り雨でさらりと降るが、登りには影響が無かった。
また天気が持ち直し、晴れる。

なんだかんだで19時に妹岩を後にする。
ヘッドランプを忘れたので下山にちょっと難儀する。
テントに戻って、スーパー・ナナーズに買出しに行く。
夜も遅いので調理する気力も無いので、適当にお惣菜とビールと買う。
21時あたりに戻ってきて、やっと乾杯&飯にありつく。

ランタンを持ってくるのを忘れたので味気ない食卓だったが、とにかく腹が減っていたのでがっつき、ビールをがぶ飲み。
22時くらいにはコテンと寝てしまう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ホッサ
2007年07月31日 01:03
クラック初リード、オンサイトおめでと!
ホッサ
2007年07月31日 02:31
似た様な写真が出て来たんで、アップしといた。URLはメールにて。。。
カジタニ
2007年08月01日 00:27
>ホッサン
ありがとうございます。
まだまだひよっこです。
似た写真、楽しみにしております。
2017年08月17日 13:24
What's up, I read your new stuff like every week. Your writing style is awesome, keep it up!

この記事へのトラックバック