錫杖登攀合宿 一日目

予定より二日早く剣岳から帰ってきたので、Right&Fastの錫杖合宿にとび入りで参加する。

一か八か剣御前小屋より11日より錫杖入りしているakiさんにメール。
14日で降りる予定だが、共同食を持って来れば15日まで延長OKとの返事。
というかFOMAは錫杖の前衛壁でバリバリ電波が入るようだ。

ただし、持参する共同食はご飯もの以外にすること、と指令が下る。
どうやら11日からアルファ米ばかりで飽きているようだ。
そこは元・美食登山部部長。食については問題なし。

0230自宅出発
0630槍見駐車場発
0720錫杖沢出合にてakiさん、703さんと合流。

akiさんより11日からの楽しい出来事をいろいろ聞く。
先日(13日)はすーさんが来ていたとか。
haruさんをはじめとするK山岳会も錫杖で合宿しているようだ。

今日は703さん最終日と言うことで、703さんの希望でP3にある「じーやの大冒険」へ。
画像

「じーやの大冒険」はエイドで開拓、後にフリー化された4ピッチのルート。
取付の1P目が核心らしく、リードする者にとっては奮闘的5.10c、ビレイヤーにとっては3ルンゼからの落石の危険にさらされる命がけビレイととっつきにくい。
703さんの勇気ある判断で「バードランド」から取り付いて「じーやの大冒険」3P目につなぐことにする。

今日は703さんがフルリードで、akiさん&カジタニがフォローと言うフォーメーション。
・バードランド 1P目 IV級+
K山岳会の女性二人のパーティが先に取り付いていた。
しかし間違えて白いハングの直下でトラバースしてしまったようで、かなり難儀。
ここは白いハングよりもさらに1段下のスラブを右上していくようにすれば問題なし。
が、703さんもつられて白いハングまで直上してしまう。(汗)
進退窮まりそうだったので、一旦クライムダウンしてもらうようアドバイスする。
ビレイしているほうがドキドキしながら、ロープを手繰り寄せてクライムダウン。
カムで支点とって、無事に右上して通過。
画像
ビレイする703さん

・バードランド 2P目 IV級+
ビレイ点から右側のクラックに沿ったラインを登る。
所々土つきでいやらしい。終了点が激狭っ。(そりゃ5人もいれば・・・)
頭上に巨大なチョックストーン(C.S)がある。
画像
フォローのakiさん(手前)

・バードランド 3P目 V級
K山岳会のパーティから先を譲ってもらいました。
巨大なC.Sの左側をステミングやキョンなどつかって登っていく。
被っているけど、ハンドサイズのクラックがあるので意外に登り易い。
傾斜を殺すように足を上手くさばいて、最後は思い切ってのっこす。
のっこした後はひたすら左上トラバース。
ここでふと真上を見上げると、C.Sにスリングがかかっていてさらに、カラビナがかかっている残置が見える。
こいつを目指して登ってはいけない。それは敗退用の残置だからだ。
しかし、703さん果敢に直上。(汗)
敗退用残置にテンションかけつつクライムダウンして正規のルートに戻っていった。
左上トラバースはつるっとしていて、ちょっとフォローでもいやらしい。
落ちると振られるので慎重に。
お助けロープを垂らしてもらうが「ノーサンキュー」。
左手をごそごそ探るとポッケを発見!
中指と人差し指が入る。結構深い。
中指と薬指に瞬時に変えて、指二本で体をひきつけ、右手をパーン。
ボルダームーブ?でしのぐ(汗)

・バードランド 4P目 V級+ 
ビレイ点左の草付きクラックを探るも703さんはしっくり来ない。
右を探ると階段状スラブ。そこを登っていった。
一箇所バランシーな個所があり、フォローでも緊張。
ブッシュの終了点に着いてバードランドは終了。
山に向かって10m左下に「じーやの大冒険」の2P目の終了点が見える。
立派なハンガーが2本打ってある。
そしてそこから直上する形でハンドサイズのクラックが走っている。
これが「じーやの大冒険」の3P目。
草つきをクライムダウンするのはどうかと思うので、「じーやの大冒険」の2P目の終了点に懸垂で降りる。

・じーやの大冒険 3P目 5.9
クラックは足場が豊富なので見かけよりも登り易い。
クラックと言っても完全にジャムしないと登れないと言うわけではない。
高度感もあり面白い。
703さん、akiさんも絶賛!
C.S直下の洞穴の立派なハンガーの支点で終了。
浮石があるので落石起こさないように注意が必要。

・じーやの大冒険 4P目 5.8
C.Sの左側の大きな岩を抱える感じでボルダームーブ。
スパッと足元が切れ落ちているので、ちょっと出だし核心?
快適にムーブを繰り出し、のっこして顔を出すと、

 ブッシュ

ショボーン・・・・
登っていくとどんどん藪藪!
巨木で終了点。

藪は結構なのでさっさと懸垂。3回の懸垂で3ルンゼへ降りる。
ザイル回収する為、最後の703さんが降りてくるまでザイルの直下で待機していたら、akiさんから落石が来ると危ないからさっさと出てくるよう言われる。
「へーい」と言って出てきた瞬間、「ラーク」と703さんの声と共にさっき待機していたところにハンドボール大の落石が!( ; ゚Д゚)

703さんも降りてきたところで、登攀はお開き。
オールリード&ナチュプロで登った703さん、ナイスクライミングでした。
今日はフォローで登らせていただきましたが、とても楽しい登攀でした。

テントに戻り、703さんは充実感いっぱいで下山。

カジタニは担いできたフライパンで明宝ハム入り焼きビーフンをつくり夕食。
焚き木でakiさんと山談義。今日は灰になりませんでした。

錫杖の夜は更けていった

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

703
2007年08月18日 00:15
カジタニさんお疲れ様でした。
ルートファインディングが難しかしく、2度もミスしたもかかわらず、おつきあいくださいましてありがとうございました。
何度かナイスなアドバイスや応援に助けられ、続けられることができ感謝しております。
今後もよろしくお願いします。
カジタニ
2007年08月18日 04:20
>703さん
全ピッチ、リードお疲れ様でした。
序盤はビレイしていたカジタニもヒヤヒヤでしたが、途中から持ち直したようで良かったです。

ビレイだけでなく、応援やアドヴァイスするのもフォローの役目。とっても楽しくフォローで登らせていただきました。
また登りましょう。

この記事へのトラックバック