小川山 二日目

天気が心配された二日目。

湯川に転進?の話も出たが、予報は悪くなかったので妹岩に行く。

akiさんは「カサブランカ」で練習。
アップとリピートを兼ねて、カジタニがトップロープかけに登る。
出だしはちょっといやらしい。朝一もあって、実に不安定なのぼり・・・(汗)
しかし名張の「これなんですか」のアップよりは楽。傾斜は寝てるし、長さも短いし、足も拾えるし。
同じグレードでも「これなんですか」を登り終わったときの、汗の量やら、体力の消耗やらが多い。

登り終わって、支点を作ってロアーダウン。
そのあとakiさんが練習で登る。

今日の妹岩は、ガラガラ。 たいていトップロープが3本くらいかかり、常に順番待ちのカサブランカが、今日はほぼ貸しきり状態。

こちら安定したIHさんの「カサブランカ」の登り
画像
ちゃーんと足に乗り込んでますね。


カジタニは「ジャックと豆の木」(5.10b/c)に取り付く。
去年、トップロープで2回、リードトライで1回登っているし、先日は名張でハーフグレード上のルートを2本落としたので、さっくり落とせそうかなぁ・・・と、・・・
画像



・・・甘かったです


結局落とすのに4便出しました・・・(汗)
画像


1便目は真ん中あたりの核心まで行って抜けられず・・・ 序盤のワイドは問題なかったのが幸いか。
2便目は休憩を挟んだ後、回収のために登る。やっぱり1便目で終わったところで1テン入る。
サイズ的には問題ないクラックだが、向きの角度がガラリと変わり、フットジャムが入らないところがあるので、身体を伸ばす必要がある。
3便目は核心ちょい手前で、ハンドジャムがすっぽ抜ける。orz
4便目でやっとこRP。 相変わらずというか、らしいというか、すんなり登れませんね。

何度も便数を出すたびに、プロテクションの見直しを行う。
ワイドだからといって5キャメを突っ込めばいいわけではない。
逆に身体が入るところにプロテクションがあると登りずらいのも事実。
岩を観察すれば5キャメを使わなくても済むことがわかったり、そうすればプロテクションを軽くすることができる。
そういう戦術的なことを考えるのも面白い。

ジャックと豆の木は上部に行けば行くほどクラックが細くなる。
最後はフィンガーのセクション。
名張の「おじょうず」のフィンガーで苦しんだ効果なのだろうか、ここのセクションは落ちる気がしない。
プロテクション取らずに一気に抜ける。
考えたら傾斜もゆるいし、足も拾えるし・・・

最後に「竜の子太郎」の向かいにある「ムードはいい線」(5.9)を登って妹岩をあとにする。登っているときに晴れ間がさしてきて、とても気持ちよかった。

小川山ツアー、最低限のことは何とかできた、かな。
画像
キャンプ場に戻ってきたら、カジタニの車だけポツーンと一台。

帰りはIHさんお勧めの近くの焼肉屋にて舌鼓を打つ。
画像


おつかれさまでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ほっさ
2008年06月13日 02:02
なーんか格好決まってんだけどぉー。
・・・
がんばろねー。
カジタニ
2008年06月14日 07:36
>ホッサン
恐れ入ります・・・
登っている写真の二枚ともRPのときのものですよ。

この記事へのトラックバック