6/28 壁録

23日から触り続けている、ルーフ壁の奥側の茶色×
ルーフを抜けた後の問題のパートのムーブが解決!可能性が見えた!!

6月28日(日)

鳩吹山の坦々麺山行から返ってきて、うたた寝してたらすでに17時・・・
泡喰ってビックロックへ。18時前には入店。
エアコン効いてて快適~♪

薄被りで5c+を4本登ってアップ。

ルーフ壁の奥側の茶色×
問題のルーフを抜けた後のパートのムーブを探る。
足自由課題なので、足の置き方は自由。
自由だけにムーブがわからないと、迷宮入りの深さはとても深い。
しかし自由だけにルーフ課題となると色々なムーブの可能性が広がる気がする。
頭の中でそんな葛藤みたいなものを続けていると、結局手ホールドの下に足が来るという基本に戻ってしまう。
しかし、右のホールドの下には足に出来るホールドが見当たらない。
右に身体を触れるほど、保持しているホールドはよろしくない。
そう考えると、やっぱり身体は左に残すのだろうか。
画像
カジタニムーブでは、下の張りぼての●の赤カチを右手で取って、左端の赤スローパーに左足でヒールフック、右足をルーフ内でトゥフックして安定させて、左手で次の●の赤ホールドを取る。
そして、左足をさらにかき込んで右端の●の青ホールドを取る。
実はこの青ホールドは悪くないことが判明。こいつを取ってしまえば勝ったもので、最後の●はガバ。

ここだけばらして、青ホールドまで届くことがわかり、さらにトライし続けると最後までつながった。
これで可能性は見えたが、ここからが更に大変で「つなげること」が大仕事。
でも可能性が見えれば、モチが全然違うので打ち込むことが出来る。
可能性が見えないものに打ち込み続けるほど普段からテンションが高い人間でないし、むしろ同じ課題に打ち込み続けることによる怪我の方がよっぽど怖い。

つなげて数回トライ。
序盤のルーフ内のホールドがあまりよろしくなく、ここで消耗してしまい、赤スローパーでヒールフックした時点で、更に書き込む余力が無くなり落ちまくる。
最初から通して、最後の手前の右の青ホールドを触れることが出来たので今日はよしとしよう。

ボルダラーの常連さんが、リード壁のルーフ赤/5.12abをトライしていた。
相変わらずルーフの悪いホールドに苦戦していた。
でも1トライ目で抜けることが出来、2トライ目でムーブが出来たようで完登も近そうだ。
人がトライしているのを見ると自分もやってみたくなるというのが、隣の芝は青い心理。
とりあえず、自分の今までのトライ回数を数えなおしてみよう。

最後に薄被り壁でKKさんの6a+課題やきゃべつまんさんの6a+課題でクールダウン。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック