7/7 壁録

今日も茶色×8日目

7月7日(火)
19時からビックロック。

核心ムーブをばらして確認。問題なし。
本日1トライ目から、問題の青ホールドを捉える。
二トライ目には青ホールドを指二本で捉え、そのままゴールを取るも保持れず落下!!

今日はいける!!


・・・
結局よれて滑りまくり、完登お預け。 orz
MMさんに核心ムーブを見てもらったところ、ヒールフックしていない右足の位置が悪く、ルーフ内で他のホールドに当たってブレーキになっていることが判明。
ムーブを起こしているときは右足に意識はまったくないし、見えないのでMMさんに見てもらってよかった。
今度ムーブを起こす前に右足の位置を確認してから、青ホールドを取りに行こう。

煮詰まってきたので、リードへ。
7/1に登り損ねたルーフ壁のピンクTの5.11d(足限定)にトライ。
前半を難なくこなし、ルーフへ。
ホールドを確認し、一気に突っ込む。
出だしの足位置に少しまごつくも、力で押し切る。
ボルダームーブならまだしも、足は切れまくりの「ウンテイ」ムーブで無理やり最終ホールドをつかむ。
ガラにもなく声出しまくり・・・
ちょっと一つ前のホールドをつかみ直してレストして、無理やりクリップして完了。三回でやっとこ完登。

次、ルーフ壁の赤Vの5.12a(足限定)にトライ。
確か二年前にトライするも、序盤のムーブを満足にこなせず、トップアウトすらできなかったはず・・・
ホールドの距離は遠すぎないものの、ホールドの保持の仕方や体の振りというかムーブに一工夫が必要。
ホールド自体は悪くはない。張りぼてを越えていく核心ムーブに一ひねり。
結局三テンでトップアウト。
流石に二年の時の長さを感じさせ、可能性も感じて終了。

クールダウンにルーフ壁の赤×の5.11b/c(足自由)で終了。
足位置でかなり楽に感じたりするので、これからこの課題をクールダウンで登りこむことで、レストの仕方やムーブを洗練させていこう。

リードを頑張っている常連さんと、御在所の前尾根の話で盛り上がったりして、有意義な夜でもありました。



Metolius(メトリウス)  ソリューション マクロA 2個セットマクロは強い傾斜やダイナミックなムーブに対応する大型ホールド!!
ラリーグラス楽天市場店
サンドストーンの風化、浸食をリアルに再現したシリーズ。 マクロは強い傾斜やダイナミックなムーブに対応

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック