引退

美食登山は2002年の夏に、会社の後輩IS君と二人ではじめた。

そのあと後輩のID君が加わり、三人で美食登山黎明期が始まった。
2004年に4人、2005年に2人、そして今年は2人と順調に同志を募り、「美食登山部」と言う名の同志の集まりに成長した。

今年の活動は10月にかなり近場の尾張富士で締める予定だが、尾張富士の後すぐに黎明期のメンバーの一人、ID君が海外赴任することになり、美食登山部から抜けることになっている。
これを機に、黎明期の残りのメンバー二人(カジタニ、IS君)も美食登山部から抜けることにした。 若返りと図ると言うのと、カジタニ・IS君と美食登山以外にやりたいことが大きくなってしまいモチベーションが維持できなくなってしまうだろうと言うことからの判断でもある。
現に、去年まで皆勤賞だったカジタニは、今年になって3回も欠席をしている。

三人が抜けたあと、解散するのか?それとも部を存続していくのか?は残った後輩達で決めて欲しいと思う。モチベーションが低ければそれまでだし、文化の一つとして残していくのであれば、やっていくだけの話。(誠に勝手で申し訳ないけど・・・)
仮にもし存続するのであればまとめる人間が必要だ。 そこで次期部長・副部長にめぼしいIU君とTN君とで、カジタニ・IS君の思いと今後について話し合ってみた。 もちろん存続するのであれば出来るかぎりのことはするとも伝えた。

いきなり会って決断を迫るのは早急で酷な話なので、回答は次回の尾張富士の山行までに待つことにした。

とはいえ、仮に存続するとなってもOBとして年に一度くらいは顔を出したいなぁと言う気持ちもあったりする。(夏の合宿で流しそうめんの竹筒を担ぐ役とか・・・)

黎明期に美食登山と言う志を共にしてくれたIS君、ID君ありがとう。

"引退" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント