鳳来ガンコ岩 鳳来ガンコ岩 THC 三日目

日曜は雨になるのがわかっているので、土曜日にガンコ岩へ。
会社の後輩のSJ君とです。

とりあえず「THC」の進捗はというと、ぜんぜん進展なし。
各駅どころか、ハングドック大会。登りに来たのではなくて、ぶら下がりに来た感じ。
三日目、6トライ目というのに、ムーブが固まらない。
同じ三日目で「木漏れ日」を登ったことを考えると、「THC」を登る資格はまだなさそうだ、言いたくないけど。

平日のジム撃ちが出来ていないのもある。センスがないので登りこまなければならないのに、週一で手一杯の状態ではひたすら下降するのみ。
かといって、岩のブランクを空ける訳にも行かないし・・・ かといって仕事をやめるわけにもいかない。リーマンクライマーの辛いところ。

足りないことはわかったけれども、じゃ、これからどうやっていこうかと常に頭にめぐりながらのトライでした。

0800 乳岩駐車場着
土曜日なのか、予報がわるいのか、1/3ほど空きがあった。余裕で駐車。

0830 ガンコ岩着。
うちらのほかにカップルのパーティ一組だけだった。 うちらはお邪魔虫ですか。

アップで「冷たい奴」。 ワンテン・・・orz
誰もいないガンコ二階・・・

一便目
ヌンチャクかけ。岩の状態は申し分ない。最後のリップ以外は乾いている。トライにまったく支障なし。
しかしとても三日目とは思えない、内容の悪さ。
各駅どころか、ハングドックまみれ。ムーブは固まらず、何度もトライして落ちまくる。
ビレイしているSJ君に大変申し訳ない。
意地でもエイドせずに何とかムーブを解決しようと試みる。
終了点直前のトラバース以外、ムーブ起こすだけ起こせたけど、これを全部つなげることを考えると頭が痛い。
将棋の駒のセクションのムーブが一発でできたのが唯一の収穫。
あともう一つ、カチ練の効果なのか指が痛くなかった。麻痺しただけか?
さらに言えば、4ピン目クリップの右中指一本突っ込むポケットで、身体をひきつけて、足を一気に上げたりした。間違いムーブ

二便目
相変わらず進化なし。
最終クリップから、終了点までのトラバースがまったく出来ず。
一部はしょって何度もやるが、スタンスが見つからない。というより、スタンスを見る目が養われていない。
小川山のスラブでないのだから、乗れないわけではない、はずである。
なんとか最後のリップを取った瞬間、ぬめりのため取れずに落ちる。 orz
終了点周辺のリップのすぐ上に木が生えていて、そこから染み出しが出ているのである。要注意だ。

各セクションのムーブは一発で出来ないし、まったくつながる形相でない。
さっき一発で出来た将棋の駒のムーブが出来なくなっているし・・・
何度も落ちて、やっと右足の位置が低いことに気がつく。
細かいホールドには慣れてきた。あとは体の振り方とか、バランスとか、足の置き方、立ち込みが課題。
限界に挑み続ける「強さ」よりも、力を使わずに登る「巧さ」が求められる、今の自分にとっては。
画像

これから少ないジム撃ちの中で、どのような練習をしていけばいいのか?まずはそれを考え、試行錯誤をしていくしかない。

三便目
雨がぱらぱら・・・
限界グレードなので、頭の片隅には回収のことが気にかかる。
岩が濡れてしまうとしゃれにならないので本降りの前に回収便を出すことにする。
二便目で、最後のヌンチャクにロープをかけたままにしていたので、トップロープ状態でひとまず登っていく。
回収優先のためエイドも交える。
最後のトラバースは体力を温存してきてもすんなり出来ない。
何とかリップとって、終了点。
最終クリップの前後のムーブがつながらない、唯一ここだけ。

SJ君は、「かんたんダイレクト」(5.9)から始まり、「うるるん」(5.10c/d)、「タップダンサー」(5.10d)、「どすこい」(5.11a)とマスター・オンサイトショー。 「かんたん」(5.10a)で締めておしまい。 本気靴でないので、足置きを気にしながらの登りだったとか・・・ まずは本気靴をゲットするのが当面の核心?

THCの一便目終わって一階に下りてきたら、6,7人ほどクライマーが増えてました。
休んでいたら、

「Right&Fastの方ですか?」

と、いきなり話しかけられる!!!!

!!!「あ、はい・・・」

「もしかして、カジタニさんですか?」

!!!えぇーーーっ!!!
カジタニブログをちぇっくしている安八のsinさんでした。
いきなりのことなのでびっくりでした。

sinさんは山も嗜んでいたそうですが、何より貴重なのが アイスクライミング にも興味があることです! しかも一通り道具も揃えているので、氷の季節になったらぜひ共に一緒に氷どついて、ケーチャン食べたいですね。

そしてsinさんの登り!
画像
核心抜けたところで、腕に力が入らない様子。 もったいないので、懸命にガンバコール。レストの動作に入れば、すかさず「ナイスレスト」で励まし。
そうしたら、「写真とってくださーい!」とのsinさんからの不意打ちオファー!?(;・∀・)
その余裕があるなら完登間違いないですね。 カメラは持ってきていなかったので、SJ君のカメラを借りる。サンキュー
そして「冷たい奴」を二撃! 初の鳳来イレブン。 おめでとうございます。
降りてきたところで拳を突き当て祝福!
その後「狐の嫁入り」にトライしていました。デッドを覚えれば12を登れる日も近いですよ。 た、たぶん・・・

1700ごろ、ガンコをあとにする。 まだ雨は本降り前。 ガッツリ食べる気もしなかったので、県民の森の近くのマルイチ食堂はパス。 あ、あとー、ワークアウトで登った「どすこい」で3テンしたのはここだけの話・・・疲れていたことにしてください。

帰りの車中はSJ君とクライミング談義で居眠りせずにすんだ。

"鳳来ガンコ岩 鳳来ガンコ岩 THC 三日目" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント