錫杖 Right&Fast合宿

山岳同人Right&Fastで北アルプスの錫杖へ行ってきました。
メンバーはakiさん、703さん、そして富山からゆきおとこさん、とです。

朝3時に鵜沼にakiさんと落ち合って、槍見の駐車場に6時30分。
8時過ぎには北沢フェース取付着。

今日のルートはakiさんと犬歯君が引いた、グランドアップ(5.11a)
今日のパートナーは富山のRight&Fastのゆきおとこさん。

1P目 カジタニ
無名ラインの1P目??
このピッチはプロテクションが取りにくい。
始めてリードしたときは、プロテクションを取るのをあきらめてランナウト。
あれから割れ目ばっかり見てきたおかげで、きちんとプロテクションを決められる場所を見つけて、取ることができました。
「きちんと」というのは実は語弊で、「きちんと自分に対して折り合いをつけるプロテクションを取れること」であり、
第三者が見て絶対大丈夫と言う訳ではないのが、なんともいえませんが・・・
ランナウトは精神的負荷がかかるので、負荷の大きさや耐性の小ささによっては身体が動かなくなってしまう。
そういう負荷を軽減、もしくは耐性を上げるために有効なプロテクションを取り、次のムーブを起こすことができるか。
こういう岩場のクライミングでのプロテクションを取る作業というのは、こういうことだと今は理解しています。

2P目 ゆきおとこさん
大岩に乗ったところから直上するのが本来のライン。
初見のゆきおとこさんは、登りやすそうな奥のクラック沿いにラインを取る。
ロープの流れが非常に悪くなる。
そんな悪条件の中、初見で際どいクラックを登っていったゆきおとこさんに敬服。
眼下の紅葉がまぶしい。
画像


3P目 カジタニ&ゆきおとこさん
2年前にakiさんが打ったペツルのハンガーのビレイ点。
ここでいろいろなドラマがあったっけなぁ・・・
と思っていたらぱらぱらと小雨。
やめましょうか~と、潔く撤退を決意して、懸垂の準備完了したら、カラリと晴れる。

ここまで来たらやってみましょうかと、カジタニスタート。
チョーク痕がなく、トポも頭に焼き付けておらず、真っ白な状態でのクライミング。
ホールドを探り探りで、一進一退。
カムを決める場所も探り探り。
割れ目はわりあい目ざとく見つかるので、自分に対する折り合いは割と早くつく。
そのおかげで微妙なムーブも繰り出してみる。
顔面を岩にこすりつけるように、じりじりと登る。
今にも岩にかじりつきたいほど。
こんなぞくぞくするクライミングはやったことない!!
It's a Japanese Trad Climbing!!

核心と思しき箇所の直下にある動きそうな50Lザック大の岩。
その岩の間にカムを決めるも、激落ちしたらカムの開く力で岩がはがれて50-60m下までまっさかさま。
そこから身体を上げて、ランナウト状態で11前半のムーブを起こすようだ。
数手までは岩を見てムーブを読むことが出来たが、その数手後のプロテクションの位置と、ホールドの位置がまったく読めない。
最後に決めたカムがバッチリで、落ちても宙ぶらりんになるなら突っ込めば何とかなるかもしれない。
が、今の状況では突っ込むことができない。
足りないものはテクニックやパワーでもなく、強い心。
具体的にいえば、プアなプロテクションでランナウトしても11台のムーブを落ち着いてこなす、技量と心と自信。
困ったことに足りないものが解ったところで、これからそれをどう補っていくかは、具体的に思い浮かばない。
ただ言えるのは漫然と本チャンをこなすよりはトラッド・クラックをこなす方が、効率を考えれば幾分か効果があると考える。

動きそうな岩にスリングとカラビナ2枚をかけて、そろそろとロアーダウンで撤退。
続いてゆきおとこさんもトライ。
結局同じところで、こりゃ勘弁とカジタニ設置の残置のところで撤退。

後続にakiさんがリードで上がってきた。
2ピッチ目を切らずにボルダーちっくなハング越えのラインでリードに成功して、ご満悦だった。
703さんは人間振り子で遊んでいた。

と、そうこうしていたらまた雨が降り出す。
そそくさと懸垂で降りて、雨具を着て退散。

紅葉を眼下にゆきおとこさん。懸垂準備中
画像

14時30分くらいに槍見の駐車場についた途端に、ざーざー降り!!
なんと際どいタイミング!!

一同解散し、たるまの湯に入って、高山のボッカボーナでパスタとピザに舌鼓を打って、帰りましたとさ。

皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

"錫杖 Right&Fast合宿" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント