サイクリング in Red River Gorge

ケンタッキー州Red River Gorge

ロッククライミングのみならず、ハイキング、カヤック、キャンプとアウトドアレクレーションの名所だったりします。

森林公園の中の舗装道路は程よく整備されており、サイクリング(ロードバイク)の名所でもあります。

自転車レースも開催されており(今年は開催なし)、コースも色々取りそろっています。

毎週末は近所で47kmほどロードバイクで走っているので、そろそろ距離を伸ばそうかと数あるコースの中から、61kmのコースをチョイスして、三連休の中日の日曜日にひとっ走りしてきました。

コースはこちら


三連休の初日の土曜日、近所のいつもの練習コースで30kmのコースを昼前に流して、午後から赴任仲間の後輩とクライミングウォールで接待クライミング。

久しぶりにルーフの課題をも登ったりして、上腕やら胸板やらがちょっと筋肉痛。

人生初めてのクライミングウォールだった後輩二人。そのうち一人はハマったのか?

「今度はいつ行きましょう?」

ということで次の土曜日の午後にまた行くことに・・・

下半身、上半身をいい感じに痛めつけて、夕方からシカゴの赴任者も加えて総勢8人の自宅呑み。

やっと夏が到来したのか、ベランダで飲んでいると気持ちがよい陽気。



日曜日、肉体、内臓ともにお疲れの朝。

うだうだ準備していたら出発が午前11時。

ちょっと遅くないか?のつっこみに、日没が午後9時だから問題ないと、自己フォローして出発。
画像



途中のレキシントンの山道具屋さんで、ハイドレーションシステムのリュックを物色。
日本で岩登りしていたときに愛用していたオスプレーもサイクリング用のザックを出していたんだな、と。


14時ごろ、森林公園外れのスタート地点の町役場に到着
画像


なれない街はペダリングがぎこちない。

暑さのためか、序盤はローペース 暑さでやめようかと脳裏をよぎったことも・・・

しかも尿意が催したので、途中にあった田舎の小さなガソリンスタンドに入るも、二連続で使用中で目的が果たせず・・・

画像
が、森林公園の中に入れば、木陰が気持ちよく、精神的に楽になる。

そして森の中で勾配23%の長い坂を下った後、小刻みにアップダウンが激しいものの、変速機を切り替えまくることで下り坂の勢いを利用して、次々やってくる上り坂をクリア

森林公園はトイレが整備されているので、忘れかけていた尿意を適切に処理。
懸念も片付いたことなのでドンドン飛ばす。

画像
25kmあたりの途中のトンネル。
トンネルの中はひんやり気持ちよかった。

自転車をこぎ始めて2時間ほど。
お腹が空きはじめる。

行動食を携帯忘れたので、ほどよくガソリンスタンドのコンビニでミニドーナツ4個入りを購入して、一瞬でぺろり。
普段は絶対食べられないアメリカ産のドーナツ。
ロードバイクのカロリー消費はものすごい。
画像


店の軒先にある温度計を見ると摂氏33度
湿気はないので思ったよりも不快ではない。
自転車を飛ばせば風が気持ちよい。
画像


時折、車が抜かし際に親指立てて(Good luck!)応援してくれる。
こちらもミラー越しに映ることを期待して、腕を横に出して親指立てて挨拶を返す。

終盤に控えている大きなのぼり
ひーひー言いながら、遅いながらも止まらず通過
上り坂で止まることは、クライマーとしての敗北を意味する。

感覚としてはいつも練習している近所の坂のほうが斜度を感じる。
でも今日の坂は長かった!!

見覚えのある建物が見えてきたとき、思わずガッツポーズ

2時間40分走りに走って到着

画像
Red River Gorgeの周辺の地元で売っているソーダをがぶ飲みし、Miguel's Pizzaで締めてフィニ。
画像


久しぶりに燃え尽きた週末でした。

次は80kmのコースに挑戦。

"サイクリング in Red River Gorge" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント