テーマ:登山

美食登山部忘年会2009

会社の仲間で結成された美食登山部の忘年会に顔を出す。 今年は居酒屋にて呑み。 飲み放題の一杯目のビールが遅くてちょっとやきもきしたけど、美味しいお酒が呑めました。 今年は鳩吹山と木曽御岳に参加したっけな。 7年前の2002年に会社の後輩と二人で始めた美食登山。 毎年順調に部員が増え、近所の里山ハイキングからアルプス…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

錫杖 Right&Fast合宿

山岳同人Right&Fastで北アルプスの錫杖へ行ってきました。 メンバーはakiさん、703さん、そして富山からゆきおとこさん、とです。 朝3時に鵜沼にakiさんと落ち合って、槍見の駐車場に6時30分。 8時過ぎには北沢フェース取付着。 今日のルートはakiさんと犬歯君が引いた、グランドアップ(5.11a) 今日のパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御在所

仕事は休み。あいにくの天気の中、ふらっと御在所山へ。 どうせ濡れるのだからと、ゴアで蒸れる雨具ではなく、ファイントラックの沢装束で。 沢靴とヘルメットを被れば沢に入れます。 ナップサックには水と行動食の大福を。 1000 中道登山口 今日は平日のため、日向小屋付近の工事車両が出入りしているのでゲートは開いていたので、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱ

山はいいですね。 心が癒されます。 でもちょっとドキドキ・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

剱岳 点の記

遅ればせながら「剱岳 点の記」を観てきました。 ストーリーや映画のつくり自体に対して賛否両論があるそうですが、カジタニ的にはストーリーや作品自体にどうこうよりは、ただ正直に「地図を作る事の大変さ」や「明治時代の山登りの大変さ」が深く印象に残りました。 当たり前のように利用している国土地理院の白地図。 そこに記されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美食登山 木曽御嶽山

木曽御嶽山でひつまぶしのはずが・・・ 雨 雨 雨 前夜から田の原駐車場に幕営し、前夜祭。 朝起きても雨 朝早くから山岳宗教御嶽教信者の鳴らすほら貝が響き渡る。 所々に白装束で登る信者あり。 観光バスが何台も乗り付け、全国各地から礼拝者が後を絶たない。 ひるがえって我が美食登山部。 一人体調不良を訴える。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

美食登山 鳩吹山

とても久しぶりに会社の美食登山部(非公認)の美食登山に参加。 本当は土日で富士山に登り、冷やし坦々麺の予定でした。 今年は山頂付近の残雪が多く断念。 雪山未経験の人を連れて行くわけには行かないので、急遽近場の鳩吹山へ。 鳩吹山は四年前にも美食登山で味噌煮込みうどんを食べました。 三台の車で集結。今日の参加者16名 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏は

涼しく冷やし坦々麺! でも山は暑かった(>_<) あとで
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰還

しました 新穂高から双六経由で黒部五郎に行ってきました 足がロボコップ状態で、痛くて歩くのが辛いです ケイチャン食べてゆっくり帰ります あとで
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春山縦走 黒部五郎岳 三日目

天気は曇り。 0200 起床 ゆっくりと支度。 0430 撤収&出発 さらば黒部五郎岳、雷岩ボルダー 双六岳へまっしぐら右奥は笠が岳 0720 双六岳山頂 0810 双六山荘 弓折岳へ向かう途中、急にガスに覆われ視界が利かなくなる。なんとか二日前につけた足跡をたどっていく。 すると ガ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春山縦走 黒部五郎岳 二日目

天気は晴。午後から曇るとの予報。 0300 起床 風は強くなく、ゆっくり支度する。 0530 撤収完了&出発 朝一なので雪のしまりは良い。アイゼンが心地よく刺さる。 双六岳の直登を避けて、巻き道にそって斜面をトラバース気味に進む。 後から考えれば双六岳を過ぎたあたりで稜線に合流すべきだったが、雪庇にびびっていたの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春山縦走 黒部五郎岳 一日目

春山縦走したくなったので、北アルプスへ。 涸沢は人出が多くなることは予想できるし、何より登山者だけでなく観光客でごった返す上高地が嫌。 ということで、北アルプスの裏玄関、新穂高温泉から双六経由で黒部五郎岳へ。 春山縦走は2006年以来。去年、一昨年とGWは割れ目でした。 29日 割れ目に行く予定がなくなったので、その日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美食登山 海を越える

出張先のアメリカに、会社の美食登山部(非公認)のOBが二人います。 ということで、美食登山部USA支部の活動です。 海を越えても美食登山!! と言うことで今回の場所はここ上の黄色いアイコンが、今住んでいるFlorenceのアパートです。 目的地は高速75号線をずーと南下したところにある水色のファーストフードのアイコン Yaho…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Red River Gorge に行ってきた

アメリカ東部最大の岩場、ケンタッキー州のRed River Gorgeに行ってきました。 黄色の家のマークが今住んでいるFlorenceのアパート。右下のハンバーガーとドリンクのマークがRed River Gorge。 190kmそこそこでしょうか。車で2時間そこそこです。 Red River Gorgeについてはこちらを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山より団子 美食登山部in夏祭り

二年に一度行われる、会社の寮の夏祭りへ。 G4で登ってから、会社へ向かう。 会社の駐車場を使って夏祭り。 寮生が主催で模擬店が出店されますが、なんと今年は美食登山部(非公認サークル)で出店することに。 OBということでお手伝いです。 えーと、これ看板。みたらし団子やさんです。 三本で100円。 団子は業者から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日向小屋が・・・

お世話になった御在所日向小屋が、先日の豪雨で大変なことになっていました。 日向小屋のHPへ 合成写真と見違えるほど、裏道登山道が変わり果ててしまってます。 変わり果ててしまった日向小屋の写真を見ていると、初めて小屋に泊まった夜から、アイスの冬の夜、そして先日のヒレカツの味と、日向の色々な想い出が浮かんでは消えていきます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄り道?

肩透かしを喰らったまま、大阪駅前ビルの登山用品店のロッジへ 品揃えがちょっとマニアック? ペツルのアブミ ワイド用プロテクションのビックブロー チェストハーネス フレンズがフルレンジの品揃え ・・・ 本命は名張の岩場のトポ (香落渓谷の岩場)だったりする が、在庫はおろか、取り寄せもかなわないとのこ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

最後のお勤め? 登山学校in御在所

日向小屋の朝、雨は止んだ。 最近、いい予報・悪い予報と両方的中。 さらに午後から天気回復との予報。 山頂付近はガスっているが、藤内は大丈夫だろう。 今日は愛知労山登山学校。 9月第一週の北岳バットレス最終合宿にむけて、最後の前尾根での練習。 今日はいきなり前尾根に登らない。 バットレスを想定して、登攀前に普通登山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

錫杖一日目 整備&整理

Right&Fastのakiさんと土日で錫杖へ行く。 泊まりです。 沢屋スタイルを気取ってフライだけ張ります。間違えて本体の代わりに冬用外張りを持ってきただけなんだけど。 今回錫杖はちょっと意味合いが特別。一日目に左方カンテの支点整備と残置物の整理を行います。 ロクスノ33号の「残置は必要なのか?」の対談から影響を受け、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アルプス 塩見岳

「南アルプスの塩見岳は日帰りも可能だよ。」 最近そんな話を聞いて、ふとwebをみると実際日帰りの記録はある。 最近山深く入っていないなぁと心の片隅にとどめていた。 土日のどちらか出勤なので、えいやっと土曜日塩見に日帰りで行くことにする。 天気も大崩なし、熱帯夜は勘弁と、うだる暑さの金曜日、家に帰るやいなや速攻で塩見に行く支度。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパッツ

各務原のモンベルに行く。 仕事の代休で、昼まっから各務原のジャスコというか巨大ショッピングモールへ。 この中にモンベルがある。 4年前に購入した冬山用のスパッツ(こんなかんじ)がぼろぼろで穴があきまくりなので、修理に出した。 写真を載せるのが恥ずかしいくらい穴だらけ。 受付をしてくれたお姉さんも、目の前にあるスパッ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

登山学校in御在所前尾根

愛知労山登山学校に講師として参加。 今日は山の会Mのカジタニです。 御在所の前尾根です。 前日の予報でも雨、朝6時に家を出る時点でも雨・・・ 現場で判断ということでそれでも御在所の藤内小屋まで出向く。 0720 日向小屋で女将さん、親父さんに挨拶して、前日から御在所入りしているsugaさんを始めとする名古屋AS…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

八ヶ岳からの脱出、そして氷求めて湯川へ

下界では大雪だったらしい。 八ヶ岳もそれなりに降りました。 下界の天気に関係なく、登山者は昨日からわんさか押しかけています。 今朝も登山客がどんどん上がって来ています。 天気は申し分なく、稜線は雪煙舞って強風ぶりが見て取れますが、絶好のラッセル日和です。ラッセル泥棒をしてやろうかと、お互いの出方をけん制しあっているパーテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッセル敗退@八ヶ岳

氷求めて、はもずし飛び出し、一路八ヶ岳へ。 名古屋ASCのsugaさんと、同じく愛知労山つながりのODさんとの三人です。 2230 自宅近くのコンビニで集合 予報では土曜日午後から雪とのこと。 中央道を飛ばし、諏訪南ICから美濃戸口まで難なくレガシィを進める。 美濃戸口からの林道はわだちが深いものの、スタットレス四…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソロクライマー鈴木謙造遺稿集

読んだ本について記します。 ソロクライマー鈴木謙造遺稿集 (山と渓谷社) 谷川岳一ノ倉沢烏帽子奥壁ダイレクトルート冬期ソロで一躍名を馳せた、ソロクライマー鈴木謙造氏のソロクライムの日記、雑誌のインタビューや寄稿文の記事から構成。 ソロで挑む一人の男の克明な精神描画が印象的だった。 フリーソロとはいかに自分をコ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

尾根一つ 男独り 西穂高西尾根 その2

西穂高西尾根に男独り。 【幕営】 独りでの幕営。 一人用テントで何度も幕営しているが、冬山の一人はとても寒い。 八ヶ岳で氷点下27度を経験しているといっても、それは仲間がいてからこそ。 ザックの簡易温度計を見ると氷点下9度。 お湯を沸かしてもすぐに冷めてしまう。 仲間がいるときはなかなか冷めないと思っていたコッフェルの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

尾根一つ 男独り 西穂高西尾根 その1

1/1-1/2と北アルプスは西穂高西尾根に単独で入山。 【導入】 年末年始は消化不良気味と人のせいにするくらいなら、自分ひとりだとどうよ?ということで、今年は単独入山を選びました。 積雪期の泊りの単独入山は初めてです。 【出発前】 ルートは北アルプス西穂高岳西尾根。冬期バリエーションルート。 去年の「岳人」に特集で載…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

フリ G4

夕方よりG4へ行く。 120度壁にあるusamiさんの4/5級課題をやる。 出だしから3手目のホールドを取るムーブに悩む。 あとはばらして出来たので、ここだけ。 何便か出していたら、身体を壁に密着させるムーブで何とか解決。 ジタバタ、力づくで何とか登る。 それを見ていたakiさん、ホッサン、タニシさんよりいろいろ話を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美食登山 北アルプス槍ヶ岳 二日目

0200 起床 夜中に小雨が降ったようだが、満天の星空 0300 ヘッドランプつけて歩き出す。サブザックの装備で。 分岐も無くわかりやすい登山道なので、ヘッドランプの行動でも問題ないだろう。 槍ヶ岳の穂先は、長野県側に傾いているので、岐阜県側の飛騨沢からは穂先を見ることができない。 0542 飛騨乗越に至る やっと穂先とご…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more